病気やケガといった、体に関する悩みを持つ方は多いことでしょう。そんなことに悩んでいる方におすすめなのが、占いです。今回は四柱推命を利用したFさんの体験談をお話しましょう。彼女は自分の身に何か起こるかもしれないと不安でしたが、それらを払拭することができました。

しかしそれは占いの結果によるものではなくて、彼女自身が自分を安心させる行動を自ら取ったからです。同じように、体に関する悩みを抱えている方は、四柱推命をきっかけに自分の気持ちと向き合うのもいいでしょう。ここでは具体的にFさんが体験したことをご紹介していきます。

<病気にかかるのではないかと、不安な日々>

34歳の既婚女性、Fさんは会社に勤めるOLです。明るい笑顔が魅力的なかわいらしい女性。彼女は友人が病気になったことを機に、自分の将来に不安を感じるようになりました。そこで思い切って四柱推命という占いを受けることを決意。

その結果、「今は大丈夫だが、数年後体を壊すかもしれない」と言われました。そこですぐに今加入している保険を見直し、備えをはじめました。まだまだ元気ですが、友人のこともあって、備えあれば憂いなしという言葉をひしひしと感じています。

■Fさんの体験談

「先日仲のいい友人が、病気で倒れました。それがきっかけで私も体のことについて考えるようになりました。そこで悩みを払拭するきっかけになればと、四柱推命鑑定を受けることに。その結果「今は大丈夫だが、数年後に体を壊す可能性がある」と言われました。

その後私はすぐに、保険の見直しをしました。そして、食生活の切り替えや自然療法など、今の自分にできることから実行に移しました。このまま何もなければいいですが・・どんなことも備えあれば憂いなしです。この言葉を友人の経験を通して実感しています。」

<今回の体験に関する管理人ミカの見解>
彼女は占いをきっかけにして、自分の行動を即座にチェンジしました。どんどん行動することによって、不安を払拭することに成功しています。数年後病気になると言われれば、誰だって気分が落ち込むでしょう。しかし落ち込むのではなく、自らを安心させる行動を取れる彼女はとても芯が強いですね。

このように、占いを自分の行動をチェンジさせるきっかけとして利用することで、結果的に安心感や余裕を得ることができます。そうすれば現実も変わるようになるでしょう。