会社勤めをされている女性の方はたくさんいらっしゃいますが、その中には、今の会社で働いていてもやりがいを感じられないという方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、占いです。今回は電話鑑定を使ったKさんの体験談をお話しましょう。彼女は転職に成功し、念願だった企業で働きはじめました。

しかしそれは占いの結果に従ったからではなく、それをきっかけにして自分の進むべき道を自ら選択したから。今、仕事に関して悩んでいる方は、占いをきっかけに自分の人生について考えてみるのもいいかもしれません。ここでは具体的に、Kさんがどんな体験をしたのかご紹介します。

<会社を辞めたくて仕方ない>

都内に住む26歳の女性、Kさんは中小企業に勤めるOLです。週末はアクティブに街に繰り出すような少し派手目の女性。今の会社に就職してちょうど3年目ですが、残業が多いことに嫌気がさしていました。そろそろ転職したいと思っていましたが、なかなか実行に移せませんでした。

そんな時たまたま知った電話鑑定を利用してみることに。その結果、「夏ごろに運気が上がるから、この時期に行動に移しなさい」とアドバイスされました。少し迷いながらも、いろいろと準備を進めているとちょうど夏になっていました。そしていいタイミングで行動し、見事念願だった大手企業から内定をもらうことに成功しました。

■Kさんの体験談

「私は就職してちょうど3年になります。しかし、最近は仕事にやりがいを感じられなくなってきて・・・何よりも、職場の雰囲気と残業の多さに参ってしまったんです。なので、そろそろ別の会社に転職したいと考えていました。でも、なかなか勇気が出なくて。

そんな時たまたま、電話占いの存在を知りました。先生からは、夏前あたりから良い運気がくるので、その時期に活動を始めるといいというアドバイスを頂きました。いろいろと準備をし、いざ行動しはじめたときにはもう夏になっていて。結果、念願だった企業から内定をもらうことができました。」

<今回の体験に関する管理人ミカの見解>
Kさんの成功は、占いのおかげというわけではありません。彼女自身が転職したいという意思をしっかりと持ち、行動する姿勢を常に貫いています。その意思を、占いに後押ししてもらったというだけ。自ら行動する中で、結果的にアドバイス通りの時期に転職することができましたが、本人の努力なしに結果はついてきません。

占いは、何かに迷ったとき、その選択肢を与えてくれるもの。それを選び、利用するのは自分自身です。自分を後押ししてくれるツールの1つとして利用すれば、役に立つでしょう。