自分の子供が問題を抱えていたら、どんな親でも心配になるでしょう。今、子供のことで悩んでいるという方は、占いを利用してみてはいかがでしょうか?今回は、霊視占いを使ったNさんの体験談をお話しましょう。彼女は子供の引きこもりで悩んでいましたが、結果的に問題は解決されました。しかしそれは占いそのものの力ではなく、アドバイスをきっかけに状況を冷静に見つめることができたから。

今悩みの渦の中にいるという方は、霊視占いを受けてみるのもいいかもしれません。ここではNさんが具体的に体験したことについてご紹介します。

<子供が引きこもってしまった>

41歳女性のNさんは、パート勤務しています。物腰のやわらかい、誰からも好かれるタイプの女性です。最近、小学4年生の長女が学校へ行かず引きこもるようになってしまい、悩んでいました。考えてみても原因が全くつかめず、思い切って霊能者に電話相談してみることにしました。

その結果、「引っ越しをすることで引きこもりが解消されます」とアドバイスされました。当初そんな機会などありませんでしたが、偶然ご主人の転勤の話が舞い込み、引っ越しが決定。そしてお子さんは転校先で学校へ通うようになりました。

■Nさんの体験談

「私は3人の子供を持つ主婦です。長女が中学生になってから突然登校拒否になってしまいました。担任の先生に相談しても、いじめではないという返答だけ。親としてどうしたらいいのかがわからず、途方に暮れていました。そこで思い切って、霊能者に占いを依頼することにしました。

娘を見てもらった結果、彼女は自分でもどうすればわからない、深い絶望感を感じていることがわかりました。そして、「引っ越しをすることでお子さんは再び学校へ通い始めます」とアドバイスされました。私はしばらく様子を見ることにしました。その後主人の転勤が決まり、私の家族は引っ越しをすることに。今娘は転校先で元気に学校へ通っています。」

<今回の体験に関する管理人ミカの見解>

お子さんは結果的に学校へ通うようになりました。しかし、それは占い師に見てもらったからではなく、偶然引っ越しという機会が訪れたからでした。占い師はそれを示唆していたというわけです。これから起こるかもしれない未来に対してどう行動するか。それは全て本人に委ねられています。彼女はアドバイスされてすぐに行動したわけではなく、しばらく様子を見ていました。

そしてその間に自分の気持ちを整理し、心の中をクリアにさせました。その結果、引っ越しという機会が舞い込んだのかもしれません。起きたことにどう反応するかは自分で決められます。そして、その反応の仕方によって未来が変わっていきます。どんな大きな悩みがあったとしても、自分の軸をしっかりと持っていることが大切。そうすれば彼女のように占いが役に立つでしょう。