子供の受験や進学などのお悩みを抱えている方は多いことでしょう。そんな方には占いをおすすめします。今回は、風水を使ったOさんの体験談をお話しましょう。彼女は結果的に子供を大学へ進学させることができました。しかしそれは、占いに従ったからではなくて、ベースとなる彼女自身の信念が強かったから。その思いを後押しするように、見えない力が働いたというだけです。

子供の受験や進学で悩んでいる方は、風水を試してみるのもいいでしょう。自分の心を見つめなおし、整理するきっかけになるかもしれません。ここではOさんの体験を具体的にご紹介していきます。

<大学入試を控えたお子さんのために>

47歳女性のOさんは専業主婦。おっとりした性格ですが、常に家族のことを考え家事をがんばっています。彼女には大学受験を控えている子供(男子)がいます。テストでよく緊張するタイプで、なかなか実力を発揮できないようでした。Oさんは何かしてあげられることはないかと、風水鑑定を受けることに。

占い師から、環境、食、色に関するアドバイスを受けました。それぞれを把握し、自分なりにアレンジして実行してみました。その結果、お子さんは第一志望の大学に合格。

■Oさんの体験談
「私の子供は今高校2年生。来年受験を控えています。すぐに緊張するタイプで、なかなかテストで実力を発揮できないようです。そんな子供のためにしてあげられることはないだろうかと、悩む一方でした。そんなときたまたま見つけた風水鑑定を受けてみることにしました。そこでは、「環境」「食べもの」「色」の3種類の項目ごとに実践すべきことを教えてもらいました。

しばらく考え、私なりにアレンジして実行しました。すると、息子がテストでいい成績をとってくるようになったんです。その後、見事第一志望だった大学に合格できました。」

<今回の体験談に関する管理人ミカの見解>

お子さんが合格したのは、全く不思議なことではありません。占いそのものに効果があったというわけではなく、彼女がお子さんの勉強が上手くはかどるようにとの願いを込めて、自分なりにいい方法を探し実行したからです。占いが、心の中の強い思いを後押ししてくれました。

彼女のように、受験を控えているお子さんがいらっしゃる方は、風水占いを利用してみてもいいかもしれません。自分の心を見つめなおす機会にもなるからです。あくまでいい結果を導くのは自分自身である、という気持ちをもって利用すれば、役に立つでしょう。