結婚した女性にとって1つの大きな悩みである嫁姑問題。頭を抱えていらっしゃる方も多いことでしょう。そんな方におすすめしたいのが、占いです。今回はホロスコープ鑑定を受けたIさんの体験談をお話しましょう。彼女はぎくしゃくしていた姑との関係を、占いをきっかけに前向きに行動するようにして、結果的に修復することができました。もともとの機転を利かせられる能力を生かして、占いをきっかけに前向きに行動するようにしました。

今同じように悩んでいるという方は、ホロスコープ鑑定をきっかけにして将来を考えてみるのもいいでしょう。ここではIさんがどんな体験をしたのかをご紹介していきます。

<口が悪い姑に悩まされる日々>

都内に住む33歳の女性、Iさんははつらつとした明るい性格をしています。結婚後は専業主婦として家庭を支える毎日。0歳と3歳の子どもがいます。同居をはじめて5年になる姑は見た目はごく普通ですが、毎日のように他人の悪口や自慢話をしています。Iさんはその口の悪さに困っていました。

彼女は悩んだあげく、ホロスコープ鑑定を受けてみることに。鑑定してもらった結果、「相手のツボを知り、褒めなさい」とアドバイスされました。冷静に考えた上で実行してみると、姑の態度がだんだんと優しくなり、今では家族全体が和やかな雰囲気になっています。

■Iさんの体験談
「姑とは同居をはじめてちょうど5年。彼女は男勝りな性格で言葉がきつく、私は毎日のように傷ついています。話す内容といったら、自分の自慢話か、他人の悪口ばかり。毎日悩んでいましたが、このままではいけないと思い、偶然知ったホロスコープ占いを受けてみることに。

その結果、相手の性格やツボを知って、毎日いいところを褒めなさい、とアドバイスされました。少し考えて、冷静に彼女の性格を研究してみることに。そしていいところを見つけたら実際に褒めるようにしました。すると、態度が日に日に優しくなり、今では家族全員仲良しです。」

<今回の体験に関する管理人ミカの見解>
これは全く不思議なことではありません。彼女は占い師からアドバイスを受けてから、まず相手を見る目を変えました。やみくもに実行せず、まず自分はどう動けば良いかを冷静に判断。その上で自らの意思で行動を起こしたから、望む結果となりました。占いは進むべき道の選択肢を提示してくれますが、必ずしもその通りにただ実行すればいいというものではありません。

アドバイスをもとに、自分の心をもう一度よく見つめなおし、答えをみずから導いていくことが大切です。そのように占いは良くなるきっかけやヒントを与えてくれるツールとして活用しましょう。そういう気持ちで利用すれば役に立ちます。